白血病治療

細胞の異常

異常が発生した細胞

白血病は、血液細胞に異常が見られる血液のがんです。
白血病は骨髄で起きる病気であり、疾患してしまうと、体に様々な症状を出していきます。

白血病になると、正常な血液細胞が体内で減少してしまい、細菌やウィルスを攻撃する力が弱くなってしまいます。
そうなると、感染症や貧血、出血といった症状が見られます。

白血病は、骨髄に影響を及ぼすだけではなく、がん細胞が全身に行き渡るので、あらゆる臓器に転移され、病気を発症させます。
臓器の機能障害が起こると、最悪の場合、死に至ります。
白血病は、病院での検査によって発見できます。早い段階で見つける事ができ、治療を始める事ができれば、病気の症状を遅らせる事ができます。

副作用について

副作用に悩む人

白血病の治療では、強い抗がん剤を用いて体に投与します。この抗がん剤によって白血病細胞を撃退する事ができますが、他の細胞も一緒に撃退してしまうので、投与後は様々な副作用が見られます。

詳細を確認する

脱毛への対策

脱毛が気になる人

白血病の治療に用いられる抗がん剤は、体に様々な副作用を発症させます。
治療を受ける患者は、抗がん剤への副作用に備え、準備する事がいくつかあります。ここでは抗がん剤投与後の対応についてご紹介します。

詳細を確認する

白血病が改善されるまで

入院している患者

急性白血病は、重いガンとは違い、改善が可能な病気です。改善させるには、長期の治療期間が必要になりますが、治療後には普段通りの生活が贈れます。
ここでは、白血病の治療にかかる期間についてご紹介します。

詳細を確認する

価格

治療費

白血病の治療には、抗がん剤投与と入院が必要になります。治療費は、白血病の状態によって異なります。
ここでは、白血病の治療にかかる費用について、詳しくご紹介します。

詳細を確認する

ピックアップ

Copyright(c) 2014 白血病の症状や治療内容についてご紹介します。. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com